大連→日本 気まぐれDIARY


6年の大連生活から日本での生活へ。日常を気まぐれに綴ってます。
by marorotti
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

驚き!!

日本に帰ってきて驚くことは子供の教育、学校で感じることが多い。
今回はかなり衝撃。
この、時代に!!!この、便利な文化の発達した日本なのにと不思議にさえ思った。
ので、連絡帳に丁寧に疑問をかきました。

でも、実姉に話すと日本はどこも同じだよ。
クレーマーとおもわれブラックリスト入りだね!といわれた。

運動会のことなのです。
中止の連絡方法が超アナログでした。
校門の前に紙を張り出すというのです。
  雨のなか見に行かなきゃならないの????

ケーブルTVのテロップにも入れてもらいますと書いてましたが、我が家はケーブルテレビではなくEO光TVなので地域放送は入らないのです。
他にもそんな家庭があるはず。TVのない家庭もあるはず。


日本の学校は緊急連絡網があるところは珍しいようです。
私たちの子供の頃はありました。
でも、今はクラスの連絡先の入った名簿すらないのです。
娘の友達が何処に住んでるかも把握できないのです。

プライバシー保護のためなんだろうけど何か違うきがする。
日本社会の独特さだとおもいます。

親切な学校はメールアドレスを学校に伝えて送信してくれるところもあるそうです。
でも、この辺りはアナログです。

春の新型の休校のときも。
裏のバス停に高校生が愚痴ってました。
  「来たけど休みだ~って。」
高校生くらいなら、帰りに友達とカラオケへなんてこともありだよね。
危険です。

なんか、この時代にあってない。

プライバシーにはうるさいくせに危機管理意識は低いきがするし。

学校の門にいけば友達と接触するので感染の拡大の可能性もあるはず。
その上、この時期に発熱で休んでる子供の友達にお便りを預けて持って行かせるのもどうかと思う。
隣ならまだしも。
結構、離れてるんだよね。この辺りは子供がすくないからしょうがないのもあるけど。
新型も初期では検査してもでないことがあるっていうし。

中国だとあきらめが付くんだけど、日本だと何でか無理だね。
私も矛盾だらけです。

運動会の中止連絡はHPに載せてくれることになりました。
この対応を言われないとしないというのが
クレーマーへの第1歩です。
[PR]

by marorotti | 2009-10-13 09:14 | SURPRISE!
<< のびのびの運動会がやっと終わっ... 久々のスーツ >>