大連→日本 気まぐれDIARY


6年の大連生活から日本での生活へ。日常を気まぐれに綴ってます。
by marorotti
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

また、空港でスーツケース開けることに!

 空港カウンターでスーツケースを開けるのは嫌ですよね。せっかく蓋がなんとか閉まったと思ったのに。その上、皆が並んでるところで私の荷物が見世物に!だれも見て無いかもしれないけど。

 前回は、「バルサン」(薫煙剤)が赤外線でチェック。持ち込めないとは知りませんでした。なぜそんなものが必要なのかはご想像に任せます。
 その上、このときスーツケースの総重量は40キロを超えてしまってたのです。「本来なら、荷物を分けてもらうのですが、時間が無いので今回だけは預かります」と注意を受けました。ギリギリのチェクインだったので助かった。

 こんなこともあり、今回は体重計ではかり36キロくらいにしておいた。そのはずが、「お客様、サイパン線は32キロが上限となっております。」
 『うそー。40キロじゃないのー。』と心の中でつぶやきながら、渡されたダンボールに荷物を移動することに。
 私のコートの間から出てきたものは、ケーキ用の小麦粉2袋、業務サイズのドレッシング、焼肉のたれ3本、カレー粉、製菓用チョコ4キロなど。
 皆の視線を感じました。サイパン線に乗る若者たちには理解できない品たちだろう。

 預ける荷物の上限の重量は乗る前に調べとくべきだとつくづく感じました。
 復習です。
   中国線 40キロ
   サイパン 32キロ

 労働者の健康を守るためだそうです。

 良く分からないのですが、エコノミーは20キロですよね。それも、1つだけですよね。
 今回、我が家はスーツケースが3つに、ダンボールが2つ。総重量も80キロは優に超えてると思ったのですが。超過料金は請求されませんでした。

 うちの主人が一人で移動するときは必ず請求されてます。家族連れには負けてくれるのだろうか?どうであれ、請求されてなかったのでよかった。

 
[PR]

by marorotti | 2005-02-15 10:14 | 生活
<< サイパン SHOPPING  帰ってきました。 >>