大連→日本 気まぐれDIARY


6年の大連生活から日本での生活へ。日常を気まぐれに綴ってます。
by marorotti
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タンシチュー

b0049792_1524129.jpg


 生のマッシュルームを見かけたので作りました。お肉の向こうに見える物体はマッシュルームです。
 タンが肩肉でも大丈夫で~す。
 
 作り方(超簡単に説明します。時間はかかりますが、簡単です。)

 お肉は塩、コショウをしっかりして、表面に焼き色がつくようにフライパンで加熱する。
 第一工程
 玉ねぎ、セロリ、人参、トマトなどの香味野菜を細かくきる。
 香味野菜を炒める。(玉ねぎはあめ色に)
 野菜に火が通ると小麦粉を少しいれてさらに炒める。
 水とローリエ、タイム、オレガノ、ナツメグなどを入れる。贅沢に赤ワインでもOK。
 肉も入れてあくをとりながら煮詰める。(フライパンについた肉のエキスも忘れずに!)
 肉がやわらかくなると、肉をとりだしスープをこす。(野菜は捨てる)
 第2工程
 スープに肉を戻しいれて、ケチャップ、ソースなどをいれる。はじめにトマトを入れてない場合はトマトペーストをここで入れてもOK。お好みの根菜やきのこをいれる。
  少し、量が減りとろみがつくぐらいまで煮詰める。

 第一工程は圧力鍋をつかいます。これを使うと昼から取り掛かっても夕食に間に合います。
第二工程は味ととろみ具合を見ながらなので地道にコンロにかけてます。途中で複雑な味に変化するのが味わえます。
 レンジでチ~ンとした、人参、ジャガイモを加えてもおいしいですよ。

 セロリが安い中国だから思い切ってるくれるのかも。おいしいですよ。
 簡単な説明ですみません。
 トマト3個はは必ずいれます。ケチャップの節約になります。
 うそです。
 トマトは味のポイントです。生は酸味が強くなります。缶の方がまろやかです。お好みですがね。
[PR]

by marorotti | 2005-12-10 15:48 | レシピ
<< 焼米粉 これも作ったの!(自慢) >>