大連→日本 気まぐれDIARY


6年の大連生活から日本での生活へ。日常を気まぐれに綴ってます。
by marorotti
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

第7回 marorottiキッチンの報告

b0049792_22114058.jpg

 おはぎの餡子の柔らかさって好みがあるんですよね。
 別名ぼた餅ともいいますよね。柔らかめの餡子ですよね。水分をしっかりと飛ばしたコンビニで売ってるようなおはぎもありますよね。
 皆さん作りながら子供の頃食べた、母親、おばあちゃんのおはぎを振り返っていました。
 ご飯のつぶし具合も好みがあるようでした。
 ご飯を半殺しにしておはぎの持ちの部分を作ります。
 「半殺し!marorottiさん用語?」ときかれました。
 とんでもないです。
 おはぎを作る言葉です。「半殺し」の語源という説もあるそうです。
 ちなみに関西風では「いてまおか!」という感じですかね。
 私は決してこのような言葉は使いませんが・・・・・・。




材料
 もち米・・・・・・・・・・・・・2合
 大米・・・・・・・・・・・・・・・2合
 砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・400g(豆の1倍)
 アズキ・・・・・・・・・・・・・・・400g
 塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
  お米、砂糖の割合はお好みで!
  黒砂糖を少し入れるとコクがでます。

米部分の作り方
①お米を洗い白米を炊く水加減で水に浸す
②白米同様に炊き上げる
③炊き上がるとボールなどにあけて半殺しにする
④適当な大きさににぎっておく

粒あんの作り方
①豆を洗い、不出来なものなどを取り除く
②豆と同量の水で火にかける(中火)
③沸騰したら冷水(豆の1/2)を入れ再び沸騰させる
④沸騰したらザルで豆を受けて湯を捨てる(湯でこぼし)
⑤豆の容積の2倍の水でアクをとりながら柔らかくなるまで炊く
⑥柔らかくなると10分ほど蒸らし、湯をすてる
⑦砂糖を2回くらいに分けて加えて練り上げていく
⑧塩を加える

圧力鍋ですると短時間で豆が柔らかくなります。そのときは湯でこぼし作業を2度してください。加圧は10分前後。(豆の新鮮さなどで変わります)自然に冷ましてください。
[PR]

by marorotti | 2006-03-27 22:31 | marorottiキッチン
<< どちら派ですか? 春天来~イチゴ~ >>