大連→日本 気まぐれDIARY


6年の大連生活から日本での生活へ。日常を気まぐれに綴ってます。
by marorotti
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

行ってきました!参観日!

b0049792_1029193.jpgb0049792_1030885.jpg
 寒かった~。
 中国人は日本人から見ると超厚着です。子供たちは当たり前に毛糸の股引をはいています。毛糸のパンツどころではありません。もちろんその下には足首まである綿のアンダーをはいています。アウターのズボンとあわせると3枚ははいています。
上着も重ね着しまくって着膨れてます。
 もちろん先生も。
 そんな中、教室の気温が少し上昇すると窓を開けるのです。外気温は5度はなかったです。少し窓を開けるだけでも気温はグッとさがります。
 そんなこととは知らずに薄着で行かせてる、いや、日本人なみより若干厚着でいかせているわが子は寒かったと思います。
 今日から厚着をさせました。
 そんな外気温のなか屋外活動の時間もあり外気温が5度以下のなか元気に走り回ってました。先生たちは室内にいた格好と同じで出てました。
 そりゃ室内じゃ暑いよね。
 うちの子の服装はクレージーかと思うくらい薄着なんでしょうね。
 今年の先生は言わないけど昨年は何度も厚着させろと言われ続けました。

 習慣の違がお互い理解できない。

 子供の保育も日本とぜんぜん違いました。
 社会が幼稚園に求めてることがちがうのでしょうね。
 
 行くと時間割表と評価の用紙が渡されました。
 わが子を評価するのです。各活動の主体性や集中力など・・・・。4段階で「好・較好・一般・差」中国語でこのように書かれて選ぶのです。
 日本人の私として自分の子に「」なんてつけれません。「一般」と無難につけたくなります。中国人はどうなのだろう・・・・・まさか人のを覗けないので見ていませんが・・・・。
 強気な姿勢なのか、冷静なのか????ですね。

 帰りに先生、幼稚園を評価する紙ももらいます、自由提出みたいなのでこちらは遠慮させていただくことにします。だって書くのに相当時間かかるよ。日本語ならな~。

 想像はついていましたが、物おじしていないわが子の姿をみれて安心しました。負けてないです。先生にShe is strong!といわれる意味が少し分かりました。


 
[PR]

by marorotti | 2006-12-01 10:33 | 育児
<< ヘキセンハウス 第13 回 marorotti... >>