大連→日本 気まぐれDIARY


6年の大連生活から日本での生活へ。日常を気まぐれに綴ってます。
by marorotti
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ローカル幼稚園の発表会

b0049792_11161456.jpg22日にありました。
毎年はクラスごとに教室でありました。
今年は経営者も変わったということで様々なことがかわりました。
会場は近所の大学でした。
朝、8時30分に集合。
早く行って座席とりをしようと気合は入っていたのですが師集合時間の少し前にしか行けませんでした。
でも、同じクラスの日本人の方が座席を確保してくれ一番前の席に座れました。感謝!感謝!
(厳密にいうと来賓席の真後ろ)
前のあたりは園児席でした。

園長先生などのご挨拶にはじまり、前置きが長々とありやっと園児の出番。

始まると同時に出演児の父母がカメラ、ビデオをもって舞台の前に群がる。
座ってる観客には舞台が見えないほど・・・・・・・。
これじゃ何処の席に座っても同じじゃん・・・・・・・・・・・・。
唖然。
日本では見れない珍しい光景。
見入ってる場合ではない。
自分の子供の写真を撮るために貴重品を身につけスタンバイ!
私も舞台のまん前でカメラ撮影。郷に入れば郷に従えという感じですかね。

もう一つ驚いたことが。
日本の幼稚園だとどの園児も出番の割合は同じ。
一人だけ目立ったり、一部の子のみ主役だったりすることはない。
いかにも日本的といえばそうかもしれない。
中国も中国らしい。コーラスだけの子もいれば、劇をする子、一人だけで舞台にたつ子。
明らかに目立ってること目だってない子がいる。
親の寄付金、幼稚園へ貢献度の差か?なんて思ってしまう。
小学校に入るともっとらしい。
行事があっても、できない子や手のかかるこは「欠席しても良いですよ!」といわれるらしい。
厳しい社会です。

写真は最後の親の詩の朗読。ロシア語、日本語、中国語、英語、ハングルで同じものを呼んでいたらしいです。
[PR]

by marorotti | 2007-12-24 11:54 | 育児
<< 謹賀新年 クリスマスツリースカート >>