大連→日本 気まぐれDIARY


6年の大連生活から日本での生活へ。日常を気まぐれに綴ってます。
by marorotti
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

たまご

b0049792_191915.jpg
 久々に山ほど並んでる白い玉子をみた。
 売り場で一番安かった。
 何よりも子供に見せたかった。
 多分、玉子の色はと尋ねると「茶色」と答えるだろう。

 こちらに着てから玉子は赤玉が普通だった。
 それも、色の濃いのを選ぶ。
 経験上、色の薄いのは皮が薄くて帰宅途中で割れてしまう事が多いように思う。何となく中の黄身の色も濃いような・・・・・・・・・・。

 こちらの玉子の消費期限表示は買った日から3ヶ月だったりするところもある。
 玉子に日付のスタンプがついてるのもある。
 でも、それが産まれた日なのか出荷日なのか定かでない。
 だから、こちらに来て生卵を食べなくなった人も多い。
 私は平気で食べてますがね!
 
 物価がもう少し安かった頃は、高級品の「緑色」とシールの張ってるものしか買わなかった。
 私が来た頃と比べると何もかもが高くなった。お米から始まり、今はお肉までも。
 鳥インフルエンザが騒がれたときは7元/500gになった。以前の倍の値段。
 この頃はシールの張ってるのは古いものが多かった。
 それから、安いものを買うようになった。
 思ってた以上に安いものはよかった。
 でも、生まれたまま。ウンチもついてる。
 まあ、これが新鮮さを保つ秘訣なのかもしれないが。

 今は玉子の値段は落ち着いて5元/500g前後。
 でも、安いのを買うようになりました。安いほうは3.5元/500gくらいです。

 玉子を買うときの一番のポイントは回転の良い店で安いのを買うと私の中ではなってます。

 そうそう、子供に見せると驚いてました。
 「オスが産んだ玉子なんやね~。」と。

 
 
[PR]

by marorotti | 2008-01-07 01:33 | 食材
<< 大失敗! 何とかできました。 >>