大連→日本 気まぐれDIARY


6年の大連生活から日本での生活へ。日常を気まぐれに綴ってます。
by marorotti
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

酢&醤油

 今日は風邪もすっきりしました。以前、処方してもらった薬を1日飲むと治ったと思います。かなり寝ましたが。
 先日、ミニトマトを選んでると、中国人主婦が来ました。
 店員に「甘い?」『甘いよ。』「試食していい?」『いいですよ。』「酸っぱい、酸っぱい」
とかなり酸っぱいリアクションをして去って行きました。私は、選んでトマトを返すことも出来ずに手を止めて袋に入れた分だけ買ってきました。帰って食べると「そんなに酸っぱくないのにな」と思いました。かなり感じ悪いよね。人が選んでるのに。親切心だったのかな?


話は変わって、調味料です。私はローカル物を使ってます。これだと一袋2元しません。輸入物と比べるとかなり安いのでは?でも、原材料はしっかりチェックしてます。映像が見にくいですがお許しください。マクロ撮影は出来ないのです。良いカメラが欲しいよ~。


b0049792_1044482.jpg
 棒捶島 黄豆 醤油
 内容量 350ml
 原材料 水、脱脂大豆、小麦、食塩
 お勧め度は3(5段階で)です。鮮醤油(たまり)もあります。


 日本のスパーでも特売している醤油はたいがい醸造アルコールが添加されてます。こちらもこれにあたるものが結構添加されました。麹菌とか。このメーカーは添加されてません。あと、ビンのそこに何か溜まってるのも良くないです。ウスターソースのように溜まってます。
 脱脂大豆が嫌な人は「森江食品」の醤油だと大豆を使ってます。小豆島の伝統技術を使ってと書いてます。以前はこちらを使ってました。でも、最近は市場から消えているのです。たまり醤油なら売ってます。新マート、VIVOでかってました。500ml7元くらいでした。薄口も売ってました。たぶん、こちらのレベルの醤油だと日本で1ℓ300円代以上で売ってる醤油に相当すると思います。お勧め度は5ですね。

b0049792_10442962.jpg
棒捶島 米酢
内容量 300ml
原材料 水、大米、麦芽、酒

  酢の種類はいっぱいあります。知らないとき「酢精」というものを買ってしまいました。酸っぱさにビックリしました。食用方法のところに「不得直接入口」と書いてるのに後から気付きました。唇がしびれるくらい酸っぱかったです。やはり米酢が安全圏でしょう。あとはリンゴ酢とか。黒酢も癖がありますよね。私は体に良いといわれても、結構ですと丁重にお断りしたいです。
 いちよう、酢は「醋」とかいてます。

 この袋を撮影してると、下の子が「ジュース」といってよってきました。確かに乳製品もこのように売られてますが、これは違うといっても分からないようです。どうしたものか・・・・。
[PR]

by marorotti | 2004-11-09 11:05 | 食材
<< お芋 冷凍餃子 >>