大連→日本 気まぐれDIARY


6年の大連生活から日本での生活へ。日常を気まぐれに綴ってます。
by marorotti
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:旅( 28 )


北京にいってきました!!

 中秋節の3連休で北京にいってきました。
 北京は2回目です。
 大連に来て4ヵ月たった春節に行きました。
 北京も変わってました。この約5年で。
 故宮や天壇もバリアフリーになってました。
 ちょうどパラリンピックの最中ということもあり関係者の方も沢山みかけました。
 銅メダルもかけた方もいました。

 バスもワンステップバスで車椅子やお年寄り、子どもにも乗りやすいとおもいました。
 日本では普及してきてるけど大連では見ないので新鮮に感じました。
 子ども達にとってこの期間に北京に行った事は良かったな~と思いました。
 でも、面倒なことも。
 地下鉄に乗るたびにカバンのチェック。
 人が多かった。

  前回ホテルは4星の王府井あたりだったけど今回は・・・・
    4つベッドとトイレシャワーありで200元/1泊1室。
 予算200元と考えていくとあるものですね。
 大体の目星はつけていくんですけどね。今回は1軒目でそく決定!!
 もちろん、冷蔵庫、タオル、石鹸などはないですよ!TVはあったけど!
 胡同の中にある客桟です。

 朝食は近所を散歩して中国式モーニング!
 油条(揚げパンのようなもの)と豆乳。2日目は包子と豆乳。

 物価の高さに!!でも地下鉄は安いと思った。
 商店に売っている陶器に入ったヨーグルトが美味しかった。
     商店なら2元。観光地なら4元でした。

 土産屋では見るだけで分かるのか!!日本語で「安いよ」と声をかけられる。
 王府井あたりは恐ろしい値段がついていました!!5倍近い値段が!!
 前海辺りのお土産やはまだ善意的な値段に思えた。
 日本からの観光だったらあの高い値段で買ってるな~5元値切って大喜びしてそう!

 今回の飛行機代は 往路:2,260元 復路:1,620元 と格安チケットでラッキー!!
 後、宿泊代が400元。 観光、その他費用が1200元。

 日本人をみると英語で話しかけるのもやめて欲しい!恐ろしいほどに分からない・・・・・・悲しい・・・・・・・・・!
 前回はもう少しはマシだった思うけど・・・・・今回は中国語のほうが断然分かった。
 前回は私の中国語は大連弁があるのか伝わらなかったのに・・・。
 でも、やっぱり英語を話せるほうが良いな~と感じました。
 あ~~~~~中国語しかでてこない!!!
 
 


 

 
[PR]

by marorotti | 2008-09-17 13:33 |

ハルビン旅行 6

b0049792_171972.jpg 太陽公園に行った後、さすがにもとの道を歩いては戻る気分と体力ではなった。
 出口をでると
   「氷雪大世界行き無料送迎」という看板があった。
 ワゴンで満員になるまで出発しない。
 中国ではよくあるパターン。
 20分くらいは待っただろうか?
 氷雪大世界の入場料は車の中で支払うようだった。
 到着すると団体入り口からノーチェクで入場。
 チケットの半券ももらえなかった。
 中国ならではの不思議なシステム。
 でも、誰かが儲けているのだろう。

 中に入った時間は夕方。
 左の写真のように夕暮れ時だった。
 寒い中、次々と人が集まってくる。
 夜の方が混んでるようだった。

 氷雪というだけあって氷のブロックで様々なものが作られてた。
 写真はギリシャのパルテノン神殿がモデルなのだろうか?
 少し、ライトアップされたときは良かった。
 でも、全部電気がつくと・・・・・・色の多さと鮮やかさに無言。

 個人的にはもう少しシンプルな色使いのほうが感動が大きかったのでは・・・・・・・。
 オリンピックを意識してるのか色鮮やかすぎる。


 ここの入場料は150元。
 はじめは、高い!!と思った。
 でも、中に入るとスノーモービル、タイヤチューブ、スキー、滑り台など全部タダ!
 凄い人が並んでいるが1回の時間が5分とかなので回転がよい。
 子どもたちは滑り台に大喜び。
 事前に人から聞いていたので滑る時にお尻の下にひくナイロン袋を持参。
 その為、スピードは倍増。
 太陽公園など行かずにここにもっと早い時間から来ればよかった。
 
 日が暮れると寒さが増した。
 大連みたいに風が無いからまだマシ。
 帽子をかぶっていたがその上にジャケットの帽子をかぶりたくなるくらい寒かった。

 帰りも路線バス。
 私たちが帰ろうという時間でも入場してくる人は続々といた。
 この時期だけ、臨時便がある。
 すぐ近くのバス停から中央大街と友誼路の交差のところまで。
 金額は半端な1.5元。
 人を乗せる乗せる。久々の満員の乗り物。
 朝のラッシュを思い出した。
 最後には客が「もう、乗せるな」怒り出していた。
 もちろんその前に運転手の「もっと後ろに行け!!」という怒鳴り声があるのだが。
 幸い、子どもたちは座っていたので安全だった。


 ハードな1日。この日に詰め込みすぎた。
 夕食を食べようと思うと9時前。
 また飽きもせずシア料理。
 子どもたちは力尽きて食欲どころではなかった様子。
 座りやすい椅子でぐったりとしていた。
b0049792_012556.jpg


こんな遊び道具もありました
b0049792_0133526.jpg

 
[PR]

by marorotti | 2008-02-27 18:24 |

ハルビン旅行 5

3日目の午後。
極楽寺の近くのバス停から氷雪祭り会場の近く行きのバスに乗り継ぐために乗車。
終点まで乗る。
ハルビンのバスは行き先が同じでも1元バスと2元バスがある。
2元のほうはエアコンつきで座席が観光バス仕様になってる。
でも、乗ってみたがエアコンはついていない。座席は冷たくない座面だが、場所によって椅子が外れてたり、隙間風がはいってきたり。2元価値は無いと思った。
乗車時間は20分くらいかな~。
お昼時で昼食をする場所を見渡す。子どもたちはケンタッキーに行きたがっていたが私的にはNO!安くないのに格別おいしいわけでもない。
何よりも、トイレに行きたかった。
こんなときは餃子。
ホット一息。
快適なトイレではなかったが、荷物をおいてドアがあって鍵が壊れてないだけ有難い。水洗だったし。

再びバス停へ。冬季だけ氷雪大世界会場近くに臨時のバス停ができている。一駅だか川を渡るので歩ける距離ではない。

実はよく調べてなかった。
氷祭りのメイン会場は何処なのか?
バスを下りると左手に氷雪大世界会場が見えた。
でも、右手に⇒つきで雪雕芸術博覧会会場と看板が。
とりあえず、そっちに先に行くことになり歩き出した。歩くこと20分以上やっと入り口に着いた。
そこの、入場料の高さにビックリ。大人120元。
中に入ると電気の車が。中国では良くあるのだが公園が広いので1日乗り放題になる車。
これも高い。大人15元 子ども10元。
でも、足が究極に疲れていたので乗車。
感想をいうとココに来たのが間違い。
この値段では納得がいかない。高すぎる。
札幌の雪祭りは大通り公園で無料なのに。
雪での彫刻の大きさは違うのだろうけど見ても、疲れが先に来て感動が無かった。
入場しても滑り台や色んなアトラクションはさらにお金が必要。
これでよく人が集まるな~と思った。
大連雑学事典のでっつさんも少し後に行かれたようだ。写真が沢山のってます。
b0049792_22525790.jpg

[PR]

by marorotti | 2008-02-25 23:00 |

ハルビン旅行 4

久々の更新となってしまいました。
鼻炎での体調不良が原因の大半です。
数日前から寒くなり、体は今日辺りから楽になり出しました。

b0049792_14513259.jpg3日目。

朝から路線バスで黒龍江省博物館へ。 (大人10元)

  中には恐竜の骨の化石とか模型がありました。
  色んな生物の進化もわかりやすく展示されてました。
  展示物が乱雑に管理されて動物の標本の何体かが転んでたり、干からびたりしていたのがなんとも言えませんでした。
  色んな魚、爬虫類などもホルマリン漬けのようにされていましたがかなりグロイ状態に変化しているものもあり強烈でした。
  子どもたちはよろこんでましたがね。
  古い磁器、書なども展示されてましたが子どもたちは見向きもしませんでした。

b0049792_14542489.jpgその後さらに路線バスで極楽寺へ。(大人 10元)

 子どもたちはお寺が大好き。なぜか仏像をみるのも。
 お寺に行くというと喜ぶ。
 中国のお寺は日本と違い色彩が豊か。子どもたちにはこれが魅力的なのかも。日本のお寺はつまらないというだろうな~。
 
 その後、さらに路線バスを乗り継ぎ氷雪大世界へ行くことにした。続きはまた・・・・。
 
[PR]

by marorotti | 2008-02-25 15:01 |

ハルビン

b0049792_21411185.jpgb0049792_21413074.jpgb0049792_21414734.jpg
2日目 朝はのんびりホテルで朝食をとり出発。
朝の張りつめた空気が気持ち良い。大連とさほど変らない気がした。
聖ソフィア教会まで徒歩ですぐだった。
1932年に帝政ロシア兵士の従軍用教会として建てられたらしい。今ではハルビンの建築芸術館として開放されている。  (大人15元 子ども8元)
その後、徒歩で町並みを眺めながら30分近くあるいて黒龍江省美術館へ。
でも、春節のため休館。翌日なら開いてる。また、明日でなおすことにした。

歩いて帰るのも疲れるので路線バス乗り場で路線を確認。バスで戻った。
昼食はホテルの近くのロシア料理屋。
ロシア料理といっても西洋料理と変らない気がした。
値段の安さにビックリ。前日の夜の中華と同じ値段。中華が高かったのだが。
家族4人で食べてコーヒーまでのんで100元くらいだった。


b0049792_21484178.jpgそして、松花江へ。夏場は川。冬はスケートリンク。
本当に全て凍ってる。対岸まで歩いて渡った。
色んな商売があった。犬ぞり、馬車、レンタル駒、レンタルスケート、スノーモービル、凧、有料滑り台。
今しか無いとばかりに皆、必死に営業。稼ぎ時ですものね。

氷の上に立つと不思議な気分。
この氷は何センチ?下に魚はいてるのかな?解け始めたらどうなるのだろう?
自然の力の凄さを感じた。

子どもたちは喜んで滑って、転んで。
でも、氷が汚い。表面が黒い???手袋は真っ黒。
手袋は黒くなるけど濡れない。濡れるどころか氷に張り付く。
これも不思議。
素手で氷を触ってもツルツル。手を静止させて数秒後にようやく少し濡れる。
思っているより気温は低いのかも。


b0049792_2242785.jpgタイヤチューブ滑(大人40元 子ども10元)をして大はしゃぎ!
スピードの速さに私は3回で辞めた。
子どもたちは何度も行ってた。
時間制だったようで知らずに10分オーバー。
大はしゃぎした後は夕食へ。
これまた、懲りずにロシア料理や美味しかったです。詳細はまた食事編で。

1日があっという間に過ぎました。
[PR]

by marorotti | 2008-02-12 22:05 |

ハルビンの旅②

 b0049792_12311539.jpg


 朝、7時30分ごろ自宅を出発。
 9時30分の飛行機。
 フライト時間は1時間。
 ハルビンは大連から近い。
 1日に何本も飛んでる。とりあえず、朝一番の飛行機をとった。
 山東航空。
 しかし、それが失敗。2時間遅れ。
 次の便の10:30のアモイ航空は定刻で出発。

 
       なんか、不吉な旅の始まり・・・・・・。


 お昼ごろにハルビン到着。
 ハルビン空港は郊外にある。
 空港バスがちゃんとある。 (大人20元 子ども10元)
 小1時間くらいでハルビン駅に到着。
 バスの中ではガイドのお姉ちゃんの営業が凄い。うるさい!
 
 ハルビン駅から予約の入れてるホテルへ地図を片手に徒歩で。
 フロントで予約番号など詳細をプリントアウトした用紙を見せた。
 感じの悪い、いつもながらの対応で
   「予約はない!」
 不安だったんだよね。プリントしてフロントへと書いてたけど、何の確認メールも来なかったし。
 まあ、少し覚悟はしていたので驚きも少しで、ホテル探しへ。

 b0049792_11594030.jpgメイン通りの中央大街へ。
龍達暇日酒店(クリックすると360度Viewがあります)という4星クラスだったらしいホテルに決定。
ここの標準部屋。ベッドが大きめだったので二つをくっつけると快適に寝れた。
昨年の旅とは大違いの良すぎるホテル。
値段も高いけど。1泊398元。朝食つき。

 marorotti旅の格言 国内旅行のホテルは予約をせずに行くに限る 

 ホテルに荷物を置いて周辺をうろうろして1日が終わった。

 夕食は元旦ということもあり閉まってる店が多くホテルの中華。
 
 子どもたちも疲れたのか早めに就寝。

 でも、外では爆音の花火、爆竹の嵐。
 目の前で恐ろしいほど鳴り響いていた。
 花火の燃えカスを回収する人、爆竹かすをほうきで集める人。
 朝にはいったん綺麗になるがすぐにまた、爆竹が。それでも、また掃除してくれてる。
 こんなに寒いなか、大晦日から元旦にかけてご苦労様です。
b0049792_12301135.jpg

 
[PR]

by marorotti | 2008-02-11 12:38 |

ハルビンの旅 ①

 昨日の昼間の便で大連に到着しました。
 また、いつものごとく色々ありました。それは、おいおいに!
 
 今回の旅で一番、驚いた事は大連に到着してからでした。

 バゲッジのところで空港職員の若い女の子が近づいて来て
   「何処まで行きますか?タクシーは?」
 と空港職員という名札をアピールして寄ってきた。

 正直に「開発区」と答えると細かく開発区のどの辺りか聞いてくる。
    「その辺りだと150元です」

 ビックリ!!!!!高すぎる。

 ボッタも良い所だ。

 荷物検査を終えて外にでてると、またタクシーの斡旋。
 次は120元
 バンの車を指差してる。これは1人の値段?一台の値段?どちらにしても高すぎる。

 タクシー乗り場でタクシーに乗って帰宅。
 金額は57元

 空港バスがないから、こんなことが起こるのか!!
 市内中心のホテルなら40元前後で行けるだろう。
 開発区でも70元くらいがだせる金額だ。
 倍以上のボッタクリとはね~。それも空港職員が。
 中国社会を少しでも知ってる人なら不思議はないだろう。
 中国銀行の両替窓口のまえでヤミの両替屋が商売をしてる国だから。
 私もお世話になってます。

 大連の空港も変ったものだ。
 少し前まではこんな人はいなかった。
 流しのタクシーに「レシート発券して(発票)」といって乗った方が安全なんて!!
 大連の街のイメージを悪くするのでやめた方が良いよ。


 

旅の収支を知りたい人はこちら
[PR]

by marorotti | 2008-02-10 15:15 |

トイレ丸見えホテルはここ!

文で前回書いたのですがイマイチ伝わらないかと思いリンクを貼り付けますね。
見たい人はここをクリックしてください。
での、中国語フォントを設定していない人は文字化けするかも。
360度前景展示と書いてるところをクリックして進んでいってください。
[PR]

by marorotti | 2008-01-20 14:56 |

大失敗!

 ここ数日ずっとPCに向かってる。
 旅行の準備、検索。
 今度の春節はハルビンへ。
 昨年は電車で行こうと思いチケットがとれずに断念。
 今年ははじめから飛行機ときめてました。
 エアチケットは順調にとれました。
 この季節にしては珍しく帰りだけですがディスカウントチケットをGet!

 ホテルはネットで元払いのページで予約。

 ヤッター!決まった!と思ってネットサーフィン。
 
 泊まるホテルを中国語で検索してみてみる。
 カードも使えるんだ~、朝食は20元!
 なんて見てると部屋の360度viewが見れるアイコンが。

 ファミリールームを予約した。以前、丹東でもファミリールームに泊まったことがある。そこはWベッドとシングルベッドが1部屋にあった。

 クリックしてみてしばらくすると始まった。
    何だ~キングサイズベッド1つか~。しょうがないね。安いから。
そのままカメラが回ると!!!!!唖然。これは無理無理!キャンセルだ。

 トイレとシャワーが同じ部屋で・・・無駄に広い・・・・・そして・・・・・・ガラス張り
 ベッドから丸見えジャン!トイレの便器。

 日本じゃ考えれない。
 ファミリービジネスルームて日本語には訳されてたんだよ。
 場所も中心で気に入ってたのに残念。
 即キャンセルしました。
 はぁ~また探し直しだ。
[PR]

by marorotti | 2008-01-16 16:11 |

雲南省 ④ 麗江~シャングリラ 

 予定では長距離バスで移動する予定だった。
 豪華大型バスが出ているらしい。
 町に長距離バスの出発場所はいくつかあるらしい。
 タクシー運転手に地図に載ってる所に連れて行ってもらうとそこからは出ていないという。荷物を持ってウロウロ3箇所めの停留所が正解だった。
 新しくて立派なバスターミナルだった。
 客桟のおばちゃんのいう通りにしていれば1番にここにこれていたと思う。でも、昨年秋に出たという地図の方を信じたのが間違いの始まりでした。
 春節でバスの本数が激減。1時30分出発らしい。今は10時。
 タクシーを使うしかないか・・・・・。
 他のローカル客も時間を聞いて唖然。ローカルでもそうなのだからしょうがないと言い聞かせてタクシーと交渉。
 何事も春節料金。600元といわれた。しょうがない。134キロもあるしね。
 バスだと5時間、タクシーだと3時間くらいだった。
 感じの良い人だった。途中の観光スポットは寄ってくれた。説明もしてくれたが私の理解率は低い。子供たちは快適に眠れた様子だった。
 宿泊先を決めてないというと決まるまで付き合ってくれるといっていた。1件目で決めたがフロントまでついてきてくれた。
 
ホテルは雲南航空観光酒店4★らしい。田舎の4星だからね。
暖房は5時30分からしかつかない。部屋の暖房器具は全く無し。外は雪が残ってる寒さです。寒さに負けて動けない。ついた日はホテルの布団に入り身を寄せ合って休息。

昼食だけは食べにでた。開いてる店はほとんど無い。見つけたら「川」の文字がついてる店。辛い???辛くない料理もあるというので入ってみた。回鍋肉、チャーハンとお勧めのスープ。
美味しい!!!
子供たちもチャーハンを喜んで食べていた。回鍋肉はヒ微辛。
久々に満足したご飯でした。

夕食はホテルのレストランへ。「地球の歩き方」に洋食レストランありマークがついていたのでここに決めたのだがコーヒーコナーなみ。
夜ももちろん中華。マーボー豆腐にマツタケチャーハン、チヤーシューのみ。店員が不思議そうだったがそれ以上はいらないです。
でも、これもそこそこイケました。

翌朝のホテルバイキング。パンあり、コーヒーもあり。それなりに食べれた。子供たちは白米のおかゆにフリカケ、塩コブによろこんでました。

部屋に帰り途中、オイルヒーターを借りてる部屋をみつけて即効、借りました。これで部屋がだいぶ暖かくなりました。昨日の我慢は何だったのだろう・・・。


  このレベルで 1泊 486元 (ベッド1つ追加しました)
  麗江~シャングリラの移動で通行費用が21元徴収されました。タクシー代に込みで交渉すればよかったと後から思いました!
[PR]

by marorotti | 2007-03-05 12:19 |